ホーム ●
スペース案内 ●
これまでの利用風景 ●
料金 ●
教室・イベント・プログラム ●
申し込み ●
アクセス ●
エスパス・ア・ゴゴ、エスパス・   
エコール(語学学校)の案内
 ●
ブログ(管理人のひとりごと) ●
リンク ●

ブログ

8月8日(水)
夏も休まず、やってます!

アトリエハコ 暑い夏です。
それに加えて、熱い熱いオリンピック!今日からは甲子園も始まりました。真夏が過ぎても、9月にはサッカーワールドカップの日本VSイラク戦が控えています。
見どころいっぱい、今年の夏はスポーツ観戦の楽しみが尽きませんね。こちら、西荻窪のアトリエ・ハコも、6月に早々とお休みをいただきましたので、この先も夏も休まず、営業中です!
とはいえ、8月は、書道、お菓子のワークショップ、ソープカービングと毎月のレギュラーレッスンはお休みです。その代わりに、週末ごとに、目新 しいイベントが入っています。既に満席のプログラムもありますが、プログラムのページからぜひチェックしてみてください。とりわけ、次回があるとしても少 し先になりそうな「グリーンスムージー&ローフード」は、フェイスブックその他でも情報発信があるそうなので、レッスン内容などもフォローしやすそう。と ても興味深い内容で、ワタクシ管理人も、都合があわずに参加できないのがとっても残念なのですが、追ってウエブ上でいろいろ見せていただきたいと思ってい ます。

ご利用のお問い合わせにも、休みなく、通常通り、お返事していきます。
9月以降の秋のスケジュールも、ずんずんと埋まってきました。みなさまのご利用、お待ちしています。立秋が過ぎましたが、まだまだこれからの夏の後半戦、どうか、お元気でお過ごしください。
戻る▲

7月29日(日)
折花- コトハジメ

アトリエハコ それは6月に訪れた、フランス在住の友人宅でのこと。 カウンターの上にのったカゴの中に、山盛りになった白い花の数々に出会いました。
「"オリハナ"というの。」と、友人。よく見ると、それは白い紙の凹と凸だけで成形された、手のひらに乗る立体。美しい!
作り方を聞くと、彼女は白い正方形の紙を三角に折りまとめたあと、ハサミでサクサクっと切り始めました。切り込みをいれて、紙を開くと、正方形だった紙がシンメトリックに切り取られています。さらに紙を折り込むと、「折花」の出来あがり。
!!!面白い〜!!!
さらに話を聞くと、考案者は日本にいる建築家の方。ご自分の事務所で、教室もされているとのこと。日本に帰ってHPをのぞいてみると、何と、平日夜で3名以上なら出張までしてくださると書いてあるではありませんか。
早速有志を募り、アトリエハコで出張授業をお願いすると、すぐに日程をセットアップして下さいました。
当日。教室に入る早々、先生は参加者一人一人にキット化された教材を配ってくださいました。きれいなおり目をつけることから始まり、正しい紙の断ち方、綺麗なおり目のつけ方、どんどんと作業は進んで行きます。ハサミで紙を切ることすら何年ぶりでしょう。指先に神経を集中して、切る、折る、切る、折る…。凹と凸の組み合わせに、ときに混乱しながらも、気がつけば基本形の花たちができあがっています。先生の型紙に書かれている線のフォームが、折ったときに、絶妙なバランスで立体感を持たせるというのが、終わりの頃にやっと何となくわかってきました。

予定していた2時間半の授業はあっという間に終わり、先生は足早に帰っていかれました。
平日夜にもかかわらず、遅くまでありがとうございました!作業にあまりに集中しすぎて、ワークショップの様子を写真に収めるのも、自己紹介をするのも忘れてしまいました。すみません!
折花は、もともとアロマディフューザーとして考案されたそうですが、今では空間を飾る装飾品として、先生ご自身のの作品として、日々作成に励まれているそうです。興味のある方は是非HPをご参照下さい。http://www.orihana.com/
戻る▲

7月17 火(日)
昼下がりのバロックそしてワイン

アトリエハコ 少し早い夏休みをただいてから、はや一ヶ月がすぎてしまいました。皆さま、お変わりありませんか?
梅雨明け早々、すでにぐったりするような暑さですが、今日は、来週22日(日)に予定している、爽やかなイベントをご紹介させてください。
今年の1月、西荻窪でのオープンニングパーティーの際に、ステキなバロック音楽の演奏をしてくださいました、La cour musical(ラ・クール・ミュージカル)の皆さんが、再び演奏会を催してくださいます!今回はフルートとヴィオラ・ダ・ガンバに加えてテオルボという珍しい楽器も加わり、3名の奏者が奏でる演奏会となります。しかも入場は無料なのです。
日曜日の昼下がりにバロック音楽。そして、演奏会の後には奏者の方と、持ち寄りのワインパーティーも予定しています。
15時開演、残席わずかと聞いておりますので、興味のある方は、お早めにla_cour_musicale@yahoo.co.jpまでお申込み下さい。演目など詳細はイベントのページをご参照下さい。
(写真は夏休みに訪れたフランスの運河、カナル・ド・ミディ。)

戻る▲

6月13水(日)
お休みのお知らせ

アトリエハコ・チャサンポー 早いもので、東京も梅雨に入りました。
さて、少し早い夏休みのお知らせです。アトリエ・ハコと、併設のフランス学校エスパス・ア・ゴゴは、6月15日(金)から22日(金)まで夏休みをいただきます。
勝手ながら、下見等の対応はお休み明けとさせてください。
メールでのお問い合わせについては、返信に少しお時間をいただく場合がありますが、どうぞご了承ください。
よろしくお願いいたします。

写真は、荻窪では3年間同じ建物にアトリエを構えていた、LUFTKATZEさんが作成くださった、アトリエ・ハコと併設エスパス・ア・ゴゴのポスターです。
それぞれ違う紙に特殊印刷で、素敵なデザイン!一階建物入り口の黒板でアトリエの目印として、皆さまをお待ちしております。

戻る▲

6月3日(日)
チャサンポー無事修了

アトリエハコ・チャサンポー 2012チャサンポー、無事修了しました。
アトリエハコに足をお運びいただきました皆様、ありがとうございます。そして今回沢山の器を持って、出張販売に来てくださったシマシマヤトーキョーさん、美味しいお菓子とコーヒーをご提供下さった、ミズタマさんとcoffee carawayさん、 皆さんありがとうございました!2日間の素敵なイベントでした。

写真は、今回書の展示とワークショップを主催下さいました松井さんの作品です。今後も毎月第一/第三土曜日に書のアトリエを開催下さいますので、興味のある方は是非一度足をお運びください。
アトリエハコは皆さんのワクワクを形にするレンタルスペースです。
定期的に開催されている書やお菓子ソープカービングのアトリエの他にも、様々なイベントにご利用いただいております。是非定期的にイベントカレンダーをチェック下さい。
6月30日には、始めてのアロマ系のワークショップ、7月22日には、20名限定のバロック音楽の無料コンサートも予定しております!
もちろん、レンタルのご相談もお待ちしております。

戻る▲

6月2日(土)
はじまりはじまり

はじまりはじまり チャサンポー初日、無事終了しました。幸いお天気も予報を覆し、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございます!

シマシマヤトーキョーさん選りすぐりの器、今回は爽やかなガラス物が数多く並びます。
器のほかにも寄木細工の作家さんに作っていただいたという、どこか北欧を思わせるスタイリッシュな箸置きや、使い勝手のよい小ぶりなざるなど、気になる暮らしの道具がたくさん。
明日3日は、アトリエ書道のワークショップ「エコバックに書をデザインする」も予定しています。

本日お越しのお客様に、「場所がわかりずらい」とのご指摘をいただきました。すみません。
酒屋カクヤスの斜め向かい、西荻デパート隣の3階です。階段下の縦長の黒板が目印です。
明日も皆さまのお越しをお待ちしております!

戻る▲

6月2日(土)
月と日を追いかけて

月と日を追いかけて 先週の東京は、金環日食で大フィーバーでした。朝からピッカピカの晴天、というのではなく、見えるかな〜?と、少しハラハラさせられて、ちょっともったいぶって(笑)、雲間からくっきりとした陽光のリングが見えたり消えたり・・・。キレイでしたね。
そして、この5月21日は、暦のうえでは、「小満」という日でした。24節季のうちの8番目の節季だそうです。ほかの節季に比べてさほど知られて いませんが、ちょっと調べてみたところ、「万物が次第に成長してきて、一定の大きさに育ってくるころ」のことだそうです。そして、めっきり蒸し暑さが増し てくるころでもあるようです。
あれよあれよという間に一ヶ月が過ぎてしまうことも少なくありませんが、一年を24に区切ると、2週間ほどで、季節は着々とすすんでいるのです ね。進んでいる、というか、動くこと自体が存在そのものなのかも?金環日食を見て、そんなことも思いました。あまりにも普遍的で恒久的な「時の流れ」。日 食を追っていると、時計とか暦とか言うまでもなく、ずんずんと星が動いていくのがわかります。そして、理屈抜きに、自分も地球にひっついて回ってるんだ なぁ、と。

そんなこんなで空を見ることの多かった一週間でしたが、胸を広げて空を見上げるのは、いいものですね。
このあとも、金星のお散歩が見られるとかで、まだまだ天体ショーは続きますね。写真は、金環日食の前のスーパームーン。今は、月が地球にすっごく近いんですってね。確かに、この夜の満月は見たこともないくらいに大きくて、月明かりもめっぽう明るかったです!!
さて、最後にお知らせになりますが、今日とあしたは、西荻チャサンポー。6月が歩み始めたことを、お散歩しながら、五感で感じてみませんか?アトリエ・ハコではコーヒーを入れて、皆さまをお待ちしています。
戻る▲

5月29日(水)
チャサンポー@アトリエ・ハコ

チャサンポ@アトリエ・ハコ いよいよ来週末に行われる西荻チャサンポー。
アトリエハコには、シマシマヤトーキョーさんが、 素敵なお仲間と出張販売に来てくださいます。 どんな器や道具達が並ぶのか、ハコスタッフも今からワクワク楽しみにしています。
もう一つ楽しみなのは、ハコで毎月書のアトリエを主催されている、松井由香子さんの書のワークショップ。 今回のワークショップは「エコバックに書をデザインする」。 自分の書きたいとっておきの一文字を、オリジナルのエコバックにデザインする。世界にひとつのエコバックを毎日のお買い物のお供に。また、大事な一言を書いて、贈り物にするのもよいかもしれませんね。
3日日曜のみの開催、2回のセッションで、それぞれ定員4名様です。 詳しくは松井さんのブログをご覧ください。
エコバックには、チャサンポーロゴを入れて見ました。

戻る▲

5月17日(木)
日常にささやかな楽しみを!

桜 街を歩けば、バラの香り、ジャスミンの香りと、5月に咲き誇る花々が目と鼻を楽しませてくれます。気づけば、5月も後半。このブログもすっかりご無沙汰してしまいました。
さて、6月が近づくにつれて、みなさんは何を思いますか?
そう、やっぱり「今年も梅雨が来るなぁ」じゃないでしょうか?
5 月は晴れれば強烈な紫外線が降り注ぐ反面、曇天ともなると、ぐっと湿度の高い日がやってきて、梅雨の前触れを感じさせますよね。東京あたりでは、実は梅雨 の前半より、末期の7月上旬のほうが、災害につながるような悪天候が多かったりで、やはりほぼ2ヶ月は、気分的にも“梅雨対策”が必要ですよね。雨が待ち 遠しくなるようなレイングッズもいいのですが、ワタクシ管理人が、この年末年始に試してよかったのが「先々の楽しみを予約する」ということ。
なんて言う と、カッコよさげですが、なんのことはない、年内に2月にお届け予定の果物を予約する、というありふれたショッピングでした。寒のさなかに、2月に届く柑 橘フルーツをふと思い出しては楽しみにして、いざ案内の期日が近づくと(生鮮品なら、お届け日は、?ごろ?と、あいまいですからネ)そろそろかなぁ?、と 心待ちにする。ささやかですが、自分なりに大成功のお買い物でした。自分にとってその時期は、自分のテンションを上げるモノが必要だなぁ、とか、ハードな 日々になるだろうから自分なりのご褒美を先決めしちゃう、とか、そういう時期ってありますよね。もう少し大きな買い物が可能なら、この時期に冬服を注文し ておく、なんてできたら、はぁ?、秋まで2割くらい出力が増量できそうなんですけど(笑)。
夢?!

ということで、日常を潤すお楽しみ。大きいモノをドカンと、というのもいいけれど、小さいモノをちょくちょくと、というのも、いいものです。
アトリエ・ハコのプログラムも、そのように楽しみにしていただけたら嬉しいです。
お菓子づくり、ソープカービング、絵本を自作する、などなど、いろいろなプログラムがありますよ。6月の茶サンポーも、どうぞ、お楽しみに。
戻る▲

4月12日(木)
チャサンポー

チャサンポー サクラ、ご覧になりましたか?
今年は春の訪れが遅く、4月に入ってからようやく見ごろとなりました。
例年だと、花びらがハラハラ〜と散るなかを、入学式や進級記念写真撮影などが行われるものですが、今年は、満開の桜が新生活の門出を祝っているようでしたね。
そして、3月・4月というと、一年前のことを思い出さずにはいられません。3月11日以降、刻々と移り変わっていった気持ち、景色、状況などなど。
4月が新生活のスタートならば、ここからようやく一年の始まりです。来年の今頃には、どんな気持ちが去来し、どんな景色が見えているのか、あらためて気持ちを引き締めたい節目ですね。
さて、ここ西荻では、幸せなことに、つつがなく、しかも、ていねいに日常が紡がれているように感じます。街は相変わらずレトロっぽいし、スーパーも個人商店も元気いっぱいです。 こんな、西荻の街を舞台にするからこそ、実現可能なのかなぁ、と思えるイベントがあります。6月の「チャサンポー」です。西荻に点在する80以上の参加店が、「茶」でつながり、広がろうというイベントです。と言っても、大げさなことはなんにもなくって、ただただ、それらのお店では、期間中、無料でお茶を提供する、というだけです。
でも、この“ゆるさ”こそ、西荻らしいですよね。ということで、さっそく、西荻ハコも参加させていただくことになりました。6月2日(土)・3日(日)の2日間です。 詳しくは追って、ご案内します。それまで、眠い眠い春ですが(笑)、みなさま、健やかにお過ごしくださいね。
戻る▲

4月01日(日)
さよなら!荻窪ハコ

アトリエ.ハコ なかなか冬が終わらない!と思っている間に3月が過ぎ去って、今日から4月。
3月は別れの、そして4月は新たな出会いの季節ですね。今週から新たな環境で生活をスタートをされる方も多いことと思います。
私達にも先日、ひとつのお別れがありました。アトリエ・ハコをスタートした、荻窪の建物がとうとう解体されてしまいました。
当初フランス語の教室ができる物件を探していて、たまたま出会った古い建物。
不動産やさんも、教室をするために借りたいと申し出ると、「ほんとにいいんですか?」と、びっくりされたくらいの老朽物件でしたが、古いもの好きの私達は一目惚れでした。
基本的に契約の更新は約束できないこと、その代わり、内装工事は自由にしてよいことを条件に借していただき、土間のコンクリート、カウンター設置、壁の穴あけ、本当に好きなように手を入れさせていただきました。
2006年に2階全体も借りて、フランス語教室を移すとともに、

1階を改めてレンタルスペース「アトリエ・ハコ」として以来昨年の暮れまで、それはそれは、たくさんの個性的なイベントにご利用いただきました。こけしや切手のコアな展示から、一人芝居、バルーンアートにコンサート。2007年から2階にアトリエを構えられたLUFTKATZEさんの活版ワークショップやマンスリーでご利用いただいたトンボ玉、書道のアトリエ・・・。
あの建物、あの「場」だからこそ集まってくださった皆さんがいらっしゃると思います。場所をご提供する私達も、想像すらできないような個性的なアイデアを、たくさんの方々が持ち込み、形にしてくださいました。
たくさんの偶然と人の繋がりから、6年もの間利用させてもらった今はなき建物に、そして荻窪ハコをご利用くださいました皆さまの「個性」と「創造力」に感謝!
新しい西荻ハコでも、人が繋がる「場」として、皆さんが気軽に個性を表現できるスペースとして、ゆっくりと成長していけたらいいな、と思います。
(画:ヤナギダリョウ)
戻る▲

2月9日(木)
ちょっと自慢。

チューリップと書道 まだまだ寒い日が続きますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
寒いだけでなく、大雪の恐怖も襲ってきています。
雪に慣れた雪国の方々にも、今年の寒波は非常事態。そろそろ厳しい寒波は去り、穏やかな陽光の楽しめる日に安堵したい。自然災害よ、もう静まっておくれと、願います。そして、厳しかった冬のご褒美には、花粉の少ない春が訪れますように。
さて、ゆるりゆる〜りと始まっている西荻ハコですが、1月のオープニングデーで、ちょっとした発見があったので、お知らせしますね。その日は、エリックの仏語生徒さんによる、ヴィオラ・ディ・ガンバとバロックフルートによるバロック音楽の生演奏があったのですが、その奏者の方々によると、西荻ハコの空間は、木の床から音がよく伝わって、心地よい響きを醸し出していたそうなのです。
もちろん、いらしたお客さまからも「久しぶりに、心なごむひとときでした」などと、温かい声が聞かれました。
以前よりちょっぴりエレガントになって、響きの良くなったアトリエ・ハコ。

毎度、手前味噌ではありますが、ちょっぴり自慢させていただいて、新たなお客さまがいらしてくださることを心待ちにしていること、お伝えしておきたいと思います。
インフルエンザも警報発令中ですね!ご自愛を。
戻る▲

1月17日(火)
22日(日)、15時からウエルカム!

22日(日)、15時からウエルカム! 先にご案内しました、アトリエ・ハコオープニングデーですが、22日(日)の15時〜、新しい西荻ハコを開放して、皆さまをお待ちします。
新しいスペースは、一角にエリックの仏語教室の個室があり、キッチン・トイレ、そしてハコスペースと、ワンフロアにいろいろな機能が共存している場所です。
また、ハコスペースは、今度は靴を脱いでおあがりいただくようになり、今までよりいっそう、ぬくぬくしちゃいそうな内装となりましたが、いかがでしょうか?皆さまの感想をお聞かせください。
手ぶらでけっこうです。ちょっとのぞいてみたい、という気持ちだけでOK。堅苦しいご挨拶や予約は要りません。どうぞ、気軽な内見会と思ってお越し下さい。エリックとエリコがお待ちしています。
また、17時30分からは、エリックのフランス語会話レッスンの生徒さんによるバロック音楽の演奏もあります。
ヤマイチビル3階です。黄色い階段を上がってみてくださいね。
戻る▲

1月11日(水)
ようこそ2012年。いらっしゃい、西荻へ。

新しい年が始まっていますね。
遅ればせながら、皆さま、これからもよろしくお願いいたします。
暮れは、大晦日に向けて、こなしていることが2倍になっているわけでもないのに、疲れもあるのか、なんとなく1日の密度が、120%、150%、、、と、日増しに増えていくような気がしました。だから、なんとなく元旦も多少、疲れていたりして。。
でも、そこが新年リセットのいいところですね。一日、二日と新年を重ねるうちに、フワッとなんだか気分が軽くなったりして。。。ここに来て、よう やく昨年のことを静かに振りかえる心持ちにもなれたような気がしました。とにかく、いろいろなことがありすぎた2011年でした。
まだまだスロースターターで、今からようやく新しいことに、という方も多いかもしれませんね。かくいうアトリエ・ハコも遅めスタート!!そろそろと始動いたします。
最初のプログラムは、今までのお教室がそっくりお引っ越しの「アトリエ書道」。1月21日(土)です。単発レッスンで、“書き初め”を体験したい方にもお薦めです。
西荻の新しい場所での、最初のレッスン!!みなさぁ〜ん、お値打ちの“お初”づくし、ですよ〜〜。
そして、翌日の22日(日)は、エリックの仏語レッスンの生徒さんを交え、ハコオープニングとして、内見会を兼ねたオープンデーを開きます。
正確な時間は、のちほど、あらためてお知らせしますが、午後の時間帯、おおむねオープンしている予定ですので、レンタルをお考えの方、レッスンに通ってみたいなあぁ、という方など、どうぞ、みなさまお誘い合わせのうえお越し下さい。
では、穏やかで幸福な一年となることを祈りながら、西荻ハコでの、新しい出会い、懐かしい再会を楽しみにしております。ようこそ2012年。いらっしゃい、西荻ハコへ。
戻る▲

次のページ ▼