ホーム ●
スペース案内 ●
これまでの利用風景 ●
料金 ●
教室・イベント・プログラム ●
申し込み ●
アクセス ●
エスパス・ア・ゴゴ、エスパス・   
エコール(語学学校)の案内
 ●
ブログ(管理人のひとりごと) ●
リンク ●

ブログ


7月29日(木)
猛暑お見舞い申し上げます!

みなさま、猛暑お見舞い申し上げます!
早々と訪れた梅雨明け以降、東京をはじめ、埼玉、群馬など、関東地方はひどい暑さです。殺人的暑さ、とはこのことです!! 高校野球のね、東京大会をずっと見ていたんですよ。西東京、東東京とそれぞれに甲子園出場校も決まり、熱戦の余熱覚めぬまま、ふとBSチャンネルを変えたら、たまたま映ったのが青森県大会の予選の模様。
もうね、色彩が違うんだよね、これが。関東の試合は、選手の顔色が赤いというか黒いというか!体からの湯気が見えるのではないかと思えるくらい、画面から体温の高さが感じられるわけです。一方、青森の画面は、なんか爽やか(笑)。選手の顔色も、ちょっと紅潮、ってくらい?もちろん、日本全国、どこでも試合は熱戦なんでしょうけど、関東のみなさまには最大限のシンパシーをこめて、特大の“酷暑お見舞い申し上げます”。 とはいえ、やっぱり夏休みらしいこともして、いい思い出つくりましょう!!
アトリエ・ハコでは8月17日(火)から、火曜・木曜・土曜の各2回ずつ「書のアトリエ」講師・松井さん主宰の夏休みスペシャルのワークショップを実施します。
詳細はこちらでご覧いただき、どしどしお申し込み・ご参加ください。 「海」「夏空」「線香花火」などの夏らしい言葉もいいし、「禁煙」「減量」「合格」などの誓いや願い、果ては「天下統一」「一心不乱」「諸行無常」でも、なんでもよかよか。
この夏の想いをお稽古して書いてみませんか?
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

なお、8月の通常の「書のアトリエ」は、8月2日(月)、16日(月)、23日(月)です。
こちらの月曜日のアトリエでも、Tシャツやうちわのワークショップも予約OKですので、ふるってご参加ください。ワークショップへのお申し込みは、このアドレスまで。
それではみなさま、元気でステキな夏をお過ごしください。
戻る▲

7月07日(水)
夏休みワークショップの予告

書道 七夕のころです。学校や図書館、アーケード内や店先、果ては一般の人家の軒先にも、「自由に書いていって」と短冊を添えた笹の木の七夕飾りを見ましたよ。
みなさまの今年後半の願い事は、なんですか?
叶いますように、ね☆
さて、話題は一気に夏休み後半に飛びます。大人のみなさまは、「夏休みと言えば、8月31日の宿題地獄〜」などと平和な(?)思い出をお持ちの方も多いでしょうが、昨今のコドモは大変です!!
国の教育方針はコロコロ変わるし、それによって、学校の時間割も簡単に減ったり増えたりするんですから。
今年で言えば、9月1日まで始業は待ってはくれません!管理人んちの小学校は、8月30日(月)始業、しかも、いきなり初日から給食が始まるんですから、親は大助かり(いや、訂正)→ねぇ、なかなか厳しいでしょう?ハコのある杉並区の小学校は、一律そういうスケジュールじゃないのかな?つまり、お盆過ぎたら、もう、宿題モードに入りませんと〜〜なわけなのです。
しかし、8月後半って、もう暑いし、脳みそが溶けちゃいそうな陽気に襲われたりもして、まったくもって油断できない!
そんなわけで、アレコレ悩まずに、夏休みの自由研究に「書道でマイうちわづくり」は、いかがでしょうか?
先月から、月3回月曜日に「書のアトリエ」を開講中の松井さんが、夏休みスペシャルのワークショップを企画中です。
書きたい文字をお稽古し、書き慣れたら、イザ、うちわに書!その際に、色を染めた半紙をちぎって、ちぎり絵を添えたり、消しゴムで落款も彫って、仕上げにポンッ!!

お子さまの選んだ文字が筆で書いてあれば、じゅうぶん、自由工作としても提出できると思うのですが??いかがでしょう?Tシャツに書を書く「マイTシャツづくり」もご用意する予定です。 詳細は、決まり次第、あらためてご案内しますが、お手本となる講師の松井さんの落款その他、HPでもチェックくださいね〜
戻る▲

6月24日(木)
かんざし、お使いですか?

かんざし 6月も後半となりました〜。
沖縄は梅雨明けしたそうですし、われら東京ピープルも夏本番を控え、楽しい夏準備にでも思いを馳せようじゃないですか!!
この夏、皆さんは、浴衣、着ますか?水着、着ますか?
となるとロングヘアの方には、そのアレンジがおしゃれ心の見せどころですよね。来る7月にアトリエ・ハコで手作りのかんざし展示会を開くのが、かんざし作家の檸檬さん。あっ、こんなところで檸檬さんご本人を発見!現在、書店で発売中の『VOCE(ヴォーチェ)』8月号(182/183頁)にて(携帯画像で見づらくてごめんなさい)、檸檬さんが、かんざし作りの指南をされているではないですか?なになに?テーマは「浴衣に映えるかんざしづくり」ですって!!
でも、ロングヘアの友人は、「着物じゃなくても、夏はまとめ髪にかんざし必需よ〜」と言ってましたっけ。
しかも、このかんざしづくりのパーツに使われているトンボ玉は、ハコのワークショップでもおなじみ、サン丁目ART LABOさんのトンボ玉ではないですか!! トンボ玉を手作りして、さらにかんざしに仕立てれば、究極のハンドメイド・マイかんざしができちゃうわけですね。

6〜7月のハコのプログラムもぜひ、チェックください。
ところで、管理人はと言いますと、あきまへん〜、ロングヘア絶対ムリ。たまぁに(4年に一回くらい、なんじゃそれ?オリンピックペース?)伸ばしてみようかなぁ、とかも思うのですが、肩下あたりで、必ず断念。でもでも、この記事のモデルさんの髪型を見ると、セミロングでも、サイドの髪を編み込みにしてまとめたりしたらかんざしの出番あるかも? ともあれ、7月が楽しみです。
かんざしで思い出すのは、子どものころ、あれは、実家の曾おばあさんかもっと古いおばあさん(なんて呼んでいいのかわかりません、要するに会ったことのないご先祖のおばあさん)が使っていたものらしきかんざしを、後生大事に持っていたことを思い出します。実家の自分の部屋に仕舞ってある“オンナノコのタカラ箱”(シールとか、匂い消しゴムとか入ってるハコ)の中に、古めかしいかんざしとツゲの木製だかの櫛をそれはそれは大事に仕舞いこみ、たまに開いて見ては(使わないんですけどね)、ちゃんとあるある、と確認して嬉しがっていたものです。
機能性だけで見れば、きっと、今どきのヘアピンのほうが、よほどちゃんと髪を留めたりできるのでしょうが、かんざしって、なんか“オンナの証”みたいな品格をたたえているようにも思うのです。
戻る▲

6月15日(火)
梅雨入り

「6月はいつも 全てイヤになってしまうの心の場所がなくなってしまう反面 あなたのそのヤサシサもナメクジみたいで ゾッとしちゃうし
6月はいつも 私 おかしくなってしまうの体中 血が止まってしまうみたい〜〜」
抜粋 スガシカオ『ファンカゲリヲン』より
と、いきなり滅入る歌詞なぞ、書き写してしまいましたが、東京もついに梅雨入りですね。でもって、このところ、かなりのヘビーチューンで聴いているスガシカオの曲、6月がテーマなのでちょっとご紹介(ごめん、個人的嗜好丸出しです)。時節柄、今も日本国中のどこかで誰彼がこの曲聴いているんだろう、と想像してます。
でもね、そういう想像で“イヤになる”んじゃなくて、けっこう、悪くない気分になる。
知らない何万人っていう人が、雨降りの6月に同じ曲聴いてるんだろうなぁ、って。
ワールドカップも初戦、勝ったしね。すごくないっ?これまた国内、シンクロ感動!そう、皆さん、梅雨は平等ですからね(まぁ、梅雨のない北海道ってのもあるけれど)、梅雨の中の楽しみにも気づきましょうね。憂鬱になる時もあれば、雨の中のアジサイはきれいだったり。晴れ間には、なんとも親しい気持ちを抱いたり。
そんな感じで過ぎていく。Be Smile!
戻る▲

6月1日(火)
書のノート 無料体験レッスン

書道 5月って、31日まであって長かったはずなのに、なぜかズンズン過ぎ去り、6月になってしまいました。皆さま、お元気ですか〜?
6月というと、、、ボーナス?ジメジメ梅雨?あじさい?ジューンブライド?今年はワールドカップかな?
まあ、6月の印象は人それぞれでしょうが、なんとなく今年も半分まで来たわけです!
いや、来ちゃったっ!、来ちまったよ!、マジ〜っ早すぎるよ〜!(スンません、ちょっと言葉遊び)と、焦ったり、ふと冷静に考えてみたり。そんな時期ではないでしょうか?
ここらで“凜”としたい方、大集合です〜。
アトリエ・ハコでは、6月から新たに書道のアトリエが始まります。
月3回程度、月曜の夕方に開講です。ご指導いただくのは、松井由香子さん
近ごろは、写経なんかもちょっとした人気なのだそうですね。書道を究める、とか、毛筆がうまくなりたい、といった大きな目標でなくとも、無心になって集中するその気持ちよさが受けている理由とか。松井さんのアトリエも、昇段を意識することなく、一人一人が「書を楽しむこと」が目的です。
初回の6月7日は、無料体験レッスン実施中ですので、ご興味のある方はぜひ、

いらしてみてください。勉強でも趣味でもスポーツでも、すべからく楽しく続けられるコツって“指導者との相性次第”だったりしますよね?その意味でも、体験レッスンで、松井さんと時間を共有していただき、そのまま気軽に始めちゃった、というような流れが理想的なのではないでしょうか?
ちなみに、書道ってレッスン料もけっこうお安い!!小学校のお子さまと親子でレッスンなどもお薦めです。6月7日(月)、16時〜。お待ちしています。
戻る▲

4月27日(火)
出発前夜

voyage フランスに行けない管理人は(えへへ、いじけてないデスよ)、伊勢丹新宿店のフランスフェアに行ってきました。パリのパン職人のコンクールでグランプリをとったというシェフのバケット、ゲットです!
いっしょに映したのは、レモンジャムの失敗作(!)。レモンをね、いっぱいいただいたからジャムにしてみようとやってみたんです。ルンルン、気分はちょっぴり小匙さん。
と、と、ところが、煮詰めすぎて、柔らかいときに瓶に詰めたまではいいものの、冷えると固まってすくってとれない(一大事!)。完全にレモン飴状態(大笑い)。
あはは、久しぶりに料理関係で失敗しました。
でも、ためにはこういうのもいいもんです。台所には毎日かなりの時間立っているけど、いかに自分が日ごろ、ジャムとかケーキづくりにはノータッチであるかを再確認したりしちゃいます。たはは。
この煮詰めすぎレモンジャムは、どうにかして、さつまいものレモン煮にでも加工するつもりです。
ではでは、エリック&エリコ、行ってらっしゃい〜♪

戻る▲

4月21日(水)
夕暮れの談話室より

Laudun 管理人:いやぁ〜、久しぶりの談話室ですぅ〜。どれどれ、過去のブログを見てみると!おお、談話室は、2008年の暮れ以来じゃないですか?
エリコ:本当に時間の経つのは早い!今年もあっという間に5月になろうとしているし。
管理人:毎年、同じようなことを言ってはいるものの、今年は1月に『豆まめフェスタ』、3月にオリジナルシャツ展示即売会と充実のプログラムがあって、あれよあれよと毎月が過ぎて行ったね〜。来週は、いよいよゴールデンウィークに突入だし。エリック&エリコは、ジャンジャカジャ〜ン、フランスに里帰りするんだよね?
エリック:そうなんです!!私のお母さんが、80歳になる記念に「家族全員が集まるパーティーを開きたい」と言い出して。それで日本に住む私とお兄さんは帰国し、フランス国内にいる兄姉も大集合の予定なんです。
管理人:それは楽しみね。ボン・ボヤージュです♪。でも、そうしたら、その前にフランスにちなんで、ロダン市の芸術祭のこと、ちょっとお知らせしてから旅立ってくださいな〜。

エリコ:了解!そうなの、このたび、アトリエ・ハコはロダン市芸術祭の事務局となりまして、主にフランスでの展示に向けたサポートをしていく予定です。今年の芸術祭のテーマが『アジア、そして日本』なので、ぜひぜひ、皆さまの作品のご応募をお待ちしています!
管理人:ロダン市っていうのは、どんな街なの?
エリック:アビニョンの近くの人口6000人程度の街で、遺跡が有名なところ。そこで開かれる2日間の芸術祭で、昨年は3000人程度の見学があったらしいよ。まあ、フランスの田舎の小さな街の小さな芸術祭と考えてもらっていいと思います。
エリコ:規模といい知名度といい、すっごく応募意欲にかられる、というスケールのものではないんだけど、もし展示作品に選ばれた方には、現地での滞在費は提供されますから、これをきっかけにフランスの地方を旅して回りたい方にはお薦めしちゃいます。旅券が出るわけではないのが、ごめんなさい、なんだけどね。
管理人:なるほど、じゃあ、興味のある方には、お問い合わせをいただくとしましょうか。まあ、そんな都合もあって、アトリエ・ハコは、連休中はレンタルはお休みとさせていただくんですが、連休明けには、ガラス玉やソープカービングといったマンスリープログラムが控えているよね〜。
エリコ:あと、私たちも興味をもっているのが、荻窪音楽祭。5月15日・16日の週末に予定されていて、その期間に、音楽祭にちなんでアトリエ・ハコでも音楽雑貨の展示即売会が予定されてますね〜。
エリック:アトリエ・ハコからは、太田黒公園なんかも近いし、この機会に荻窪を散策するのも良さそうだね。新緑の季節だし。
管理人:今年は東京のお花見の頃も、まだまだ冬が終わり切らなくて、サクラが散った後にみぞれや雪が舞ったものね〜。5月は、たっぷりと緑の若葉や緑の風を味わいたいね。
エリコ&エリック:はいはい。アイスランドの噴火が気がかりではあるけれど、また5月に会いましょう。
管理人・OKで〜す。今度は、どこで会う?ハコで?自宅で?行きつけのカフェで?
全員:みなさまも良い連休を〜〜!
(写真は去年の芸術祭のようす。このときのテーマは「サルバドール・ダリ」)
戻る▲

3月28日(日)
ゴールデンウィークのお知らせ

オリジナルシャツ展示会、無事、終了しました。
10日間の展示会ということで、その準備のための疲労と緊張がピークに達したのか、オープニング前日にリリアナさんが体調を崩し、一日遅れのスタートとなりましたが、その後は最終日までアクシデントもなく開催できました。
会期中、お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
また、オーダー注文をいただき、その出来上がりを待ってくださっているお客さまもありがとうございます。完成が楽しみですね。
もちろん、管理人も夏用のブラウスを一枚買いました!が、袖を通すのはもう少し先かな。その日がとっても楽しみです。
また、コラボいただいたヴァニラアクセサリーさんも、ありがとうございました。
今のファッションは、本当にビーズアクセサリーが“最後の仕上げ”ですよね。
リリアナさんのシャツに、似合うアクセをコーディネートすると、ぐんとおしゃれ感が高まりました。たくさんのお客さまにお買い上げいただきましたから、皆さまが春めく一日、新しく手に入れたシャツやアクセで晴れやかな気分で過ごされることをハコとしても願っております〜。
この3月、東京は小雪は舞うし、暴風雨もあり、気温の上がり下がりが激しい毎日でした。着るものを始め、いつにも増して体調管理が難しい春のように感じます。
新年度を控え慌ただしい毎日ですが、気づけば日差しはぐっと力強くなり、紫外線も気になるころ。サングラス、日焼け止めクリームに半袖インナーなど、気分だけでもそろそろ初夏をイメージしておいてもいいかもしれませんね。
なお、アトリエ・ハコは、このゴールデンウィークはお休みをいただきます。
4月26日(月)〜5月9日(日)までの二週間はレンタルをお休みします。
メールによる問い合わせには、休み中もお返事していきますので、ご了承のほど、よろしくお願いします。
戻る▲

3月20日(土)
オリジナルシャツ展。好評開催中です!

Lilibelle オープニングが遅れるというアクシデントもありましたが、その後は予定通り、毎日お店開きしています。
先の週末に足を運ぶ予定だっというお客さまは、ぜひ、この3連休に遊びにいらしてください。
気温の高い日などは、ノースリーブのブラウスを試着しても全然、寒くない!そろそろ衣替えを意識しないと、急に暖かくなって「着るものがない〜」なんてこともありそうです。
もちろん、ワタクシ管理人も、僭越ながら(笑)8〜9枚は試着いたしました〜っ、ハイッ。
着てみて気づくのは、「見ると着るのは大違い」。
リリアナさんのシャツは、基本は一点もの。今回の展示会のためにSとMの2サイズでおつくりし、場合によってはサイズ違い・色違いなどでオーダーを承ります、というパターンのものが多いです。
で、こう聞くと、小さめのサイズしかないように思えるのですが、イタリアのパターンを使っているせいか、どれも大きめ、ゆったりめに感じられます。平板なSサイズ、Mサイズではなく、けっこう立体的なのです。
その立体感のせいか、ギャザーやピンタックなどが効果的に映える場合があり、こればかりは見て考えるよりお試しいただくのが一番だろうと思います。
色・柄も、ラテンぽい大胆な大柄もありますし、反面、スッキリ清楚な薄手コットンの無地ブラウスも好評です。(あっ、既に売り切れていて、万が一、見あたらない場合は、お許しを!)

ヴァニラさんのビーズアクセサリーも、人気ですよ。センスの良さに加え、チャームが取り替え可能・別の箇所につけられるとか、ロングネックレスを二重三重にするように、止め金具を付属でつけてあるなど、作家さんの細やかな配慮はさすがです。 残り二日となりました。皆さまのお越しをお待ちしています。
戻る▲


3月13日(水)
【再訂正】始まりました!

Lilibelle ご迷惑をおかけしました。

下記のようにご案内した会期変更ですが
本日、無事にディスプレイも終わり
3月14日(日)から、予定通りに開催できることとなりました。

3月14日(日)〜22日(月)まで開催中です。

春爛漫。色とりどりのシャツが揃いました。
アクセサリーもさまざまなタイプがあります。

どうぞ、お越し下さい。お待ちしています。

戻る▲

3月10日(水)
オリジナルシャツ展示会く

Lilibelle いよいよ今週末から「Lilibelle’sオリジナルシャツ展示会」が始まります。
ハコに集うのは、すべて手作りのオリジナルシャツです。
かつてエリックの仏語教室でフランス語を習っていたのが、ベネズエラ出身のリリアナさん。彼女がイタリア製のシャツパターン、つまり型紙を使って縫い上げるのが、オリジナルブランド「リリベル」のシャツやブラウスです。
リリアナさん自身は、背が高くはっきりとした顔立ちでファッションも先鋭的な女性ですが、つくるお洋服は、とにかくバラエティ豊かなのが特徴です。これからのセレモニーシーズンに必需のクラシックな無地系のシャツから、襟元や袖口に遊びのあるファッショナブルなシャツ。夏向きには、すそ丈長めで、デニムやカルソンとコーデしやすそうな薄手のブラウスまで、いろいろなシーンに使えるアイテムがあります。
リリベルでは、それらを既製服としてもご用意しますが、展示会中は“オーダー注文”も可能で、ご自分の体型に合わせたセミオーダーも承ります。オーダーと言えば、リリアナさんのオリジナルアイテムには【ネクタイをサッシュベルトに】cravatte【ワン・モア・シャツ】など、独自の提案型商品もあるのです。サッシュベルトは、使わなくなったネクタイをベルトにリフォームするもの。ワン・モア・シャツのほうは、お気に入りで着古してしまったシャツを、新しい布地でもう一枚仕立て直しませんか?というアイデアです。
シャツ・ブラウスの素材はすべてコットン100%。これからの薄着の季節にさっそく着れてジャバジャバ洗えるお気に入りの一点が、見つけていただけることと思います。価格も、ファストファッションとまではいかないものの(笑)、かなりリーズナブルにご提供の予定ですので、まずはチラリと遊びに来てください。

おまけにアピールしちゃいますと、スタイルの仕上げに欠かせないアクセサリーもやってきますよ〜。オリジナルのビーズアクセサリーを手作りするヴァニラさんに、10日間コラボいただきます。展示販売するのは、すべてハンドメイド、一点もののビーズアクセサリーです。おへそのあたりまで長〜く下がるタイプのロングネックレス?もしくはシャツの首もとに、顔映りのいい短めのネックレス?などなど。ぜひゆっくりシャツとアクセの組み合わせを楽しんでみてください。詳しくは、イベントプログラムのページをご覧ください。
皆さまのご来場、お待ちしています!
戻る▲

次のページ ▼