「The True Cost」上映会のお知らせ

こんにちは。

これでもか!という灼熱の夏が、覚悟していたよりもやや早足で過ぎ去ってくれて、
ほっと息をついています。アトリエ・ハコの絵里子です。

さて、今日は私たちの新しい試みのご紹介です。

10月11日、日曜日の夜に、小さな上映会を開催します。
映画は「ザ・トゥルー・コスト」ユナイテッドピープル社の配給で、2015年に映画館で上映されました。

当日の午後にはSLT (Sustainable Living Tokyo)さんが「洋服の交換会とエコマーケット」を開催される予定です。
SLTは2019年・東京に創立され、日本での地球環境をより意識した豊かなライフスタイルへの移行を応援する団体です。SLTリーダーのセシリアさんは昨年末に、あるイベントの参加者として初めてアトリエを訪れてくださり、今年8月にSLTのイベントとして「植物交換会」を主催されました。今回は服やアクセサリーなどの交換会、そしてエコグッズのマーケットを開催されます。
(詳細URL:https://atelier-haco.com/events/event/sustanablelivingtokyo0301/)

気候変動、持続可能な…、SDGs…。大いに気になるけど、いち消費者の視点から見るとどれも問題のスケールが大きすぎで、一体何をどうしたら…と、しばらくモヤモヤとしつつ過ごしていました。

そんな折、8月に吉祥寺アップリンクで上映されていたユナイテッドピープル社制作・配給の「もったいないキッチン」という映画を観に行きました。

食品ロスをテーマにした映画は、大変興味深く「え!そんなことになってたの!」という驚きと、何が起きているのか知ることの意義を実感。
そして、そこでユナイテッドピープル社が提案している「Cinemo」という市民上映会の仕組みを知りました。映画単位で契約をすれば誰もが市民上映会の主催者になれるというものです。

自分の生活の中で具体的な行動を起こしていくべきのはもちろんなのですが、興味のあるテーマについて、知る機会を得たい。そしてその機会を、同じ興味を持つ方々と共有し、情報や体験やアイデアを交換できたら、それは楽しいに違いない!

ということで、今回初めての上映会を主催します。
SLTセシリアさんは共同でのイベント開催を快く受けてくださいました。
彼らのイベントテーマに合わせて、今回はファストファッションのビジネスと、その裏側にいる生産者を取り上げた「ザ・トゥルー・コスト」を上映作品に選びました。
10名様+主催者の小さな会になります。私達もまだ予告編しか観ていないので、今から観るのが楽しみです。

鑑賞の後はセシリアさんと簡単な意見交換会の時間も設けます。
映画のテーマはもちろん、SLTの活動、ご自身の体験など、お話できたら嬉しいです。

上映会の詳細はこちらをご覧ください。↓
https://atelier-haco.com/events/event/cinema_thetruecost/
(専用サイトより事前のチケット購入が必要となります。)

ご興味あれば是非お越しください。
お問合せはinfo@atelier-haco.comまでお気軽に!お待ちしています

 

 

 

カテゴリー: Atelier-Haco

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。